フラワー

打ち合わせ時の注意点

東大阪でも葬式を事前準備する人が増えてきています。事前準備するときは、参列人数や希望するイメージ、自宅か斎場か、遺体の一時搬送先はどこがいいかなどを考えておくとよいでしょう。見積もりを比較するのが重要ですが、変動費や総額がわかるかをチェックする必要があります。

詳しく見る

線香

料金が明瞭になっています

東大阪市の葬儀社では、深夜や早朝でもすぐに駆け付けてくれるので、安心して葬式のプランを選ぶことができます。一般葬はもちろん、家族葬にも対応をしており、予算に応じた祭壇を選ぶことができます。迅速で丁寧な応対で安心して依頼することが可能です。

詳しく見る

葬儀会場

希望どおりのところにする

東大阪で葬式をするのなら、評判が良く実績のある葬儀会社に頼みましょう。日頃からピックアップしておくといざという時に楽です。すぐに頼むことができます。また、費用や希望どおりの進行となるのか、その点の確認も大切です。

詳しく見る

数珠

低予算で行える家族葬

現代のお葬式は家庭のあり方が変化し、核家族化が進んだことで小規模なお葬式を望む人が増えています。特に東大阪は企業が多く、核家族化が進んだ地域です。親族のみでひっそりと行う家族葬の需要が高まっています。

詳しく見る

花

葬儀の一般的な流れ

費用や会場の予約状況などを総合的に考えて、手ごろな葬儀会社を選ぶのが、東大阪でお葬式をあげる場合の基本です。納棺師のサービスを活用すると、生前の面影を再現しながら葬儀を行うことも可能であり、香典返しの手配も計画的に行うことが重要です。

詳しく見る

葬儀社の種類と仕組み

男の人

葬儀の種類と違い

東大阪で行われている葬式には、一般葬や家族葬、自由葬など様々なものがあります。一般葬とは、葬祭場又はセレモニーホールに大勢の方が参列して行われる葬式のことです。参列するのは親族の他に友人・知人、会社関係、近隣の方などとなっています。故人の交流関係が広い時は、大規模な葬式となり受付や誘導スタッフなどの人員も必要になります。そのため、一般葬は費用の負担が大きくなりやすく、東大阪の費用相場は約200万円以上といわれています。今まではこのような形の一般葬が主流でしたが、東大阪では大規模な葬式よりも小規模な葬式が増加しています。これは、時代の流れとともに、葬式への考え方が変化したためと考えられます。葬式への価値観が変わり、少人数で低料金のものを求める人が多くなっているのです。家族葬は少人数で低料金の葬式を実現化したもので、参列者は身内のみ、費用は100万円以下が殆どです。家族葬のメリットは料金の面だけではありません。身内だけで行うためゆっくり故人とお別れできるメリットがあります。また、参列者は身内ばかりなので、お互いに落ち着いた雰囲気のなかで過ごすことができます。家族葬と似た形として自由葬という葬式もあります。自由葬は、お別れ会や偲ぶ会と呼ばれるもので、焼香や読経などの宗教儀的な儀式はありません。故人が好きだった音楽を流したり、会場全体を装花したりして故人との別れを惜しみます。このように、様々なタイプの葬式がありますので、東大阪の業者に相談することをお勧めします。

Copyright© 2017 大切な人の葬式を行なう前に|葬儀の種類を知っておこう All Rights Reserved.