工事にかかる費用

毎日使う給湯器ですが、古くなった際は交換する必要があります。しかし、気になるのは交換にかかる費用です。新しく利用する給湯器のタイプが、ガス式や電気式によってかかる費用は異なります。初期費用を抑えるには、ガス式の給湯器が向いているでしょう。ガス式の給湯器の場合、追い炊き機能なしタイプは100,000円前後、追い炊き機能ありタイプは200,000円前後、エコジョーズは300,000円前後の交換工事費用がかかります。基本的にガス式のほうが交換するための工事費用が安く、電気式の給湯器のほうが高くなります。ただしランニングコストを考えると電気式のほうがお得になるケースが多いようです。ガス式の給湯器は電気代が安くなるというメリットがありますが、ガス代が高くなります。初期費用よりも毎月の光熱費のことを考えるなら、電気式かエコジョーズが節約に向いているでしょう。

また、ガス式タイプの給湯器は給湯能力が高く、必要なときに必要な分だけスピーディーに沸かせます。コンパクトなので置く場所に困らず、賃貸マンションのベランダに設置するのにも最適です。電気式の給湯器はガスの配管工事代金が不要で、排気がないので地球環境に優しく、深夜割引プランなどを利用すれば電気代を抑えることが可能です。エコキュートやエコジョーズはCO2の排出量を減らすことができ、家計にも地球にも優しく使えるようになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加